Borderless eyes of sports

&FLOW news

「第49回札幌マラソン」エントリースタート!サステナブルな大会運営を目指し、マイボトル・マイカップランに挑戦

北海道札幌市で第49回目となる「第49回札幌マラソン」が2024年10月6日(日)に開催されます。

開催日:2024年10月6日(日)
会場:真駒内セキスイハイムスタジアム
種目:ハーフマラソン・10km (日本陸上競技連盟公認コース) / 5km・3km・2km・1km
申込締切:2024年7月20日(土) 23:59
エントリー:https://x.gd/GkGKc
実施概要詳細:https://satumara.sapporo-sport.jp/

札幌マラソンとは

例年10月に1万人以上が参加する北日本最大級の市民マラソン大会「札幌マラソン」。
種目は日本陸連公認コースのハーフマラソン(関門設定あり)や10kmのほか、公園内を走る5km、3km、2km、1kmコースがあり、3kmと2kmは子ども(小学生以下)と一緒に走るファンペアもあります。また、どなたでも参加可能なオープン種目「だれでも1km」を新設。初心者からベテランランナー、ご家族揃っての参加など、幅広い世代の方々に楽しんでいただけるマラソン大会です。

今回のコンセプト

~ みんなが気持ちよい大会へと ~

ランナーはもちろん、ボランティア・運営スタッフ・まちのみんなが気持ちよい大会にしたい
そんな想いを胸に給水方式をマイボトル・マイカップへ

マイボトル・マイカップランについて

マイボトル・マイカップを活用したセルフ形式での給水方法で実施するマラソン大会です。
マイボトル・マイカップを携行して出走していただきます。
※ハーフマラソン・10km種目のみ

マイボトル・マイカップは、参加賞として事前(アスリートビブスと一緒)にお渡しします。

対象種目提供アイテム
ハーフマラソン・ソフトフラスク (ソフトボトル) / 容量:400ml 
・ソフトカップ / 容量:200ml
※素材:TPU (熱可塑性ポリウレタン)
10km・ソフトカップ / 容量:200ml

必ずマイボトル・マイカップのいずれか1つ以上を携行のうえ出走すること。
※自身の給水用具での参加も可

給水所※「1km/6分ペース」で約15分間隔で注水可能
ハーフマラソン2.0km、5.0km、6.0km、8.5km、10.5km、12.3km、15.6km、17.0km、19km(全9カ所)
10km2.0km、4.5km、6.0km、7.9km(全4カ所)

1つの給水所には、45個のジャグタンクを設置
約30mごとに1テーブルの間隔で配備 (1テーブルに3ジャグタンク)
給水所では、「アミノバイタルGOLD2000ドリンク」と「ゆきのみず」を用意します (予定)

<参考>
札幌マラソン事務局スタッフ(30代:男性)トライアル例
今大会オリジナルソフトフラスク(ソフトボトル)にあらかじめ200ml注水(容量の半分)
ソフトフラスク(ソフトボトル)を手に持った(握った)まま走行
ノー給水・注水でハーフマラソン完走(time / 1:50:00)

わたしたち事務局の想い

事務局近くの中島公園菖蒲池

マラソン大会はまちが舞台です
みんなが気持ちよくなるコースにしたい
そしてこれからも継続して開催していきたい
そんな想いを込めて
わたしたち札幌マラソンは「マイボトル・マイカップラン」に挑戦します
ゴミのない これまでと違う達成感を
一緒に新しいマラソン大会を創りましょう

出典:PR TIMES
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000142361.html
  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
Daiki

Daiki

Chief Editor

高橋 乃希 / Webディレクターとして、数多くのサイトやWebメディアの制作・運用を経験。スポーツシーン・キャンプ・アウトドアへの関りも深く、「&FLOW」の編集長に抜擢。★ 野球、格闘技、ゴルフ、ランニング、自転車

  1. イギリス発祥のフットボールブランド『UMBRO』|英国サポーターの伝統を受け継いだ新コレクション「AWAY DAYS (アウェイデイズ)」を発売

  2. ニューエラ │ 直営店限定のTシャツコレクションが登場

  3. 包丁ブランドのGLOBALが手掛けるアウトドア向けブランド「GLOBAL CAMP」からオールブラックの新色登場

PICK UP

RECOMMEND

RELATED

PAGE TOP