Borderless eyes of sports

&FLOW news

イギリス発アウトドアブランド「Snugpak (スナグパック)」、厳冬期対応寝袋3アイテムが新発売!

株式会社ビッグウイングが総代理店をつとめるイギリス発のアウトドアブランド「Snugpak (スナグパック)」のカラーラインナップの中でも好評のコヨーテタンに、厳冬期モデル「ソフティーエリート4」「ソフティーエリート5」が追加。
さらに、2010年代前半から発売し、多くの方の身体をあたためてきたスリーパーエクスペディションに改良を加えた「スリーパー エクスペディションⅡ スクエアライトジップ」も同時発売いたします。

ソフティーエリートシリーズについて

独自開発した中綿「SOFTIE」を使用したハイエンドモデル、ソフティーエリートシリーズ。
2022年、アメリカ海兵独自カラー「コヨーテタン」を採用した3シーズン対応モデル「ソフティーエリート3」は好評を博しました。
ソフティーエリートシリーズの厳冬期モデル、「ソフティエリート4」「ソフティエリート5」でも「コヨーテタン」を発売します。ソフティエリートシリーズはSnugpakが誇る高機能素材を採用し、縦横のサイズ調整が可能な唯一の寝袋です。
Snugpak EPS(エクスパンダ・パネルシステム)を採用し、横幅と長さを調整しフィット感による温度調整が可能。
中綿にはSnugpakが独自開発した「SOFTIE」を使用。縮毛加工した超極細繊維でダウンのような質感を実現。天然素材の中綿と同じ構造で、暖気を閉じ込め再膨張力に優れ濡れても高い保温性を保ちます。
外側の生地には引き裂きや傷に強い非常に丈夫な「PARATEX Micro」ナイロンを使用。軽量かつ頑丈、そして優れた防風性/撥水性/通気性を持ちます。過酷な環境に耐えうる強度を持ちながら、目の細かい生地のためやわらかい肌触りです。
内側の生地にはソフトで肌触りの良い「PARATEX Light」ナイロンを使用。軽量かつ防風性が高く、24時間で1㎡あたり約12Lもの水蒸気を発散させる高い透湿性を持ち合わせています。
寒暖差が大きく、高温多湿な日本のアウトドアシーンに適合するスペックを持ち合わせています。

Snugpak EPS (エクスパンダ・パネルシステム)とは

Snugpak EPS(エクスパンダ・パネルシステム)を採用し、横幅と長さを調整しフィット感による温度調整が可能。
閉めるファスナーを変更するだけで周囲150cmと175cmに切り替え、使う人の体格に合わせて調整する、気温に合わせて空間をあけ快適な温度へ調整することが可能です。
足元を折り返し、フックで固定が可能なため小柄な方でも足元の寒さを感じることはありません。

商品詳細

ソフティー エリート4 レフトジップ

  • サイズ:収納時 / 直径24×長さ42cm、展開時 / 縦(長さ)220×横(周囲)150cm ※開放時175cm
  • 重量:1,950g
  • 快適使用温度:-10℃
  • 下限使用温度:-15℃
  • 生産国:中国

ソフティー エリート5 レフトジップ

  • サイズ:収納時 / 直径26×長さ42cm、展開時 / 縦(長さ)220×横(周囲)150cm ※開放時175cm
  • 重量:2,400g
  • 快適使用温度:-15℃
  • 下限使用温度:-20℃
  • 生産国:中国

スリーパー エクスペディションⅡ スクエアライトジップについて

「スリーパー エクスペディションⅡ スクエアライトジップ」には、デザートタンを追加し、冬でも快適に過ごすことができる温度帯のバリエーションがさらに豊富になりました。

スリーパー エクスペディションからの改良点

  • フードの内側に中綿を増量。
  • 就寝中の寝袋とマットのずれを防ぐ背面ポケット付き。

スリーパー エクスペディションⅡ スクエアライトジップの特徴

  • 快適温度-12℃の秋冬2シーズン対応。
  • 外側の生地には190Tの軽量なポリエステル生地「AQUA Light」を使用。撥水性があり、なめらかで肌触りが良いことが特徴です。
  • 内側の生地にはシルクタッチのなめらかな「SUPER SOFT」を使用。高い耐久性と快適性を追求。通気性が高く、吸汗性と速乾性に優れています。
  • 中綿には再膨張力に優れた「ISOFIBRE」を使用。シリコーン処理を施した空洞状の合成繊維は空洞部に暖気を捉えて逃しません。
  • 圧縮用コンプレッションサック付き

商品詳細

スリーパー エクスペディションⅡ スクエアライトジップ

  • サイズ:収納時 / 直径29×長さ47cm、展開時 / 縦(長さ)220×横(周囲)160cm
  • 重量:2,600g
  • 快適使用温度:-12℃
  • 下限使用温度:-17℃
  • 生産国:中国

Snugpakカラーヒストリー

Snugpakの商品カラーは流行りではなく、これまで培ってきた実績に基づいて設定されています。

コヨーテ
コヨーテはアメリカ海兵隊独自のカラーです。
砂漠や開けた土地が多い米国ではデザートタンより暗めの色が適していることを発見し生産を始めました。今ではアメリカ軍でもっとも使用されている単一色です。

デザートタン
デザートタンはアフガニスタンでNATO軍が使用していたカラーです。
戦場が砂漠や荒野のような環境であっても溶け込むようにデザインされたカラーで、使用開始より数年たった今でも特にイギリス軍に多く使われています。

Snugpak寝袋メンテナンスについて

Snugpak (スナグパック)の寝袋はすべて洗濯機で洗濯が可能です、特殊なクリーニングは必要ありません。

  1. ジッパーを完全にしめて、洗濯ネットに入れます。
  2. 設定は水温30℃以下、「手洗い」「ドライ」等のコースに設定。※洗濯洗剤は香料の少ない粉洗剤推奨です。
  3. 洗濯が終わったら、吊り干ししてください。(影干しがおすすめ)
  4. 中までしっかり乾いたら、コンプレッションサックにしまいます。圧縮したま保管してしまうと、寝袋へ負担がかかってしまうので圧縮せずに保管ください。

※洗濯機はドラム式か縦型式を使用してください。大型コインランドリーを使用するのもおすすめです。
※洗濯前に、寝袋に付いている洗濯表示ラベルを必ずご確認ください。


Snugpak (スナグパック)
イギリスのウエストヨークシャーに製造⼯場を構え、究極の環境下で機能するアウトドアギアを世界中に送り出していま す。同業のイギリス⼯場が次々閉鎖していく時代の中、Snugpakはただ頑なに「本当に強い」寝袋と上着だけを作り続 ました。世界各地の軍隊が正式採⽤していることが、その強さの証明です。今ではSnugpakはイギリス国内製造⼯場の最後の砦となりました。それを何より誇りに思います。英国職⼈の技術、クイーンアワードの栄誉 、先代から受け継いだ夢。ここまでの道のりを繋いだ全てを⼒に、Snugpakは戦い続けます。

株式会社ビッグウイング
ビッグウイングは、STANLEY,Snugpak,AO Coolers,KAMMOKなどをはじめとする海外ブランドから、⾃社ブランドのasobitoまで、個性豊かなアウトドアブランドを展開しています。
BIGWING:https://www.bigwing.co.jp/
ONLINE STORE:https://bigwing.shop/
Instagram:https://www.instagram.com/bigwing1995/

出典:PR TIMES
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000059.000059365.html
  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
Sudo

Sudo

Producer

須藤大輔 /「&FLOW」プロデューサーでありアジテーター。広告代理店や制作会社でAEとしてキャリアを積んで約四半世紀。主にファッションやスポーツ関連のクライアントを担当。アウトドアシーンにも造詣が深い。週末はラグビー三昧。ラン、ヨガ、トレーニングも。好きな言葉は「失ったものを数えるな、残されたものを最大限活かせ」。チャームポイントは涙腺が弱いところ。

  1. 「W杯後は変化が起こる」日本代表エディー・ジョーンズHCが語るシックス・ネーションズ展望

  2. GREGORY │ ニューテクノロジー搭載のスキー&スノーボードパック新モデル「VERTE」登場!

  3. 世界的インソールブランド「SIDAS」のリカバリールームシューズ「UTIPPA」に秋冬モデルのファータイプが登場

PICK UP

RECOMMEND

RELATED

PAGE TOP