Borderless eyes of sports

&FLOW news

『日光国立公園マウンテンランニング大会』2022年11月12日(土)~13日(日)開催

スポーツ文化ツーリズムアワード2019を受賞。今年で7回目を迎える【日光国立公園マウンテンランニング大会】は、世界遺産や国有林、国立公園エリアなどを含む3種類のコースで行われるトレイルランニングの大会。
山岳スポーツの代表として、日本でも競技人口が年々増えているトレイルランニング。日光の素晴らしいフィールドを活用し、新たな日光の魅力発信、そして環境保全意識の啓発や地域の更なる活性化を目的とし、日光東照宮をスタート地点として山々を駆け巡ります。

アルコインターナショナル株式会社は、「ランニング」に特化したブランドを中心とした特設ブースを出展。
アメリカでのランニングソックスシェアNO.1ブランド『Feetures®(フィーチャーズ)』、ナチュラルな履き心地と快適さを追求し続けるアメリカのランニングシューズブランド『Topo Athletic®(トポアスレティック)』、カナダにて誕生したランニングギアブランド『Ciele Athletics™️(シエルアスレティックス)』、そして今最も注目されているユタ州発のアウトドアギアを発信している『Cotopaxi®(コトパクシ)』を展開!出走者の皆さんとともに、大会を更に盛り上げる一助となれば幸いです。

大会概要

第7回 日光国立公園マウンテンランニング大会
– Nikko National Park Mountain Running –

  • 開催場所 : 日光市 日光社寺の表参道 〒321-1494 栃木県日光市山内2300
  • 開催日 : 2022年11月12日(土)~13日(日)
  • 主催 : 日光トレイルランニング実行委員会(一般社団法人YAMA ASOBI)

協賛・出展ブランド

Cotopaxi

創業者のDavis Smith(デイビス・スミス)が南米で目の当たりにした貧困問題を背景に、ハイクオリティなアウトドアギアを通して【貧困に苦しむ人々を救う】という目的を持つアメリカンブランド。さまざまな成功をおさめながらも、世界を救うためにもっとやりたいことがある―こう考えたデイビスは、自分の好きな旅と貧困問題の解決を融合させたビジネスモデルを創り上げることにしたのです。それは顧客が商品を購入することで、貧しい地域の人々に恩恵がもたらされる仕組みです。デイビスはこの会社をCotopaxiと名づけ、エクアドル時代に体験した冒険精神と強い決意を表現しました。
2014年の創業以来、労働者を守ること・環境保全に努める事・発展途上国への支援を軸に、革新的なアウトドアギアと特別な体験を提供し続けています。またB Corporation(ビーコーポレーション)認定企業として、すべての製品に(Re)Purpose™(リパーパス)素材や透明性の高い経路から入手した素材を使用。現在、世界中から注目を集めるアウトドアギアブランドです。

Ciele Athletic

Cieleは、エクストリームスポーツシーンで名を馳せたジェレミー・ブレ スネンとその友人であるマイク・ジャイルズが2014年に創業したカナダ・モントリオール発のスポーツブランド。当時のランニングショップにはカラバリが豊富で、オシャレなキャップが見当たらなかった。そこに目をつけた彼らは、フランス語で空・天を意味する 「Ciele」からブランド名を付け、デザインだけではなく、クオリティーの高さも追求するブ ランドを目指している。2020年からは、リサイクルポリエステル等の再生素材を使用。フェアトレード認証を受けた製品など、環境保全や社会問題に取り組むブランドとして成長を続けています。

オフィシャルサイト

Topo Athletic

創設者のトニー・ポストは大学で陸上部に所属。大学卒業後、ケガなどでランニングに専念できなくなったことをきっかけにRockportに就職。15年間にわたって靴づくりのノウハウを身に付けVibram USAでCEOに就任、「Vibram FiveFingers」を手掛けるなど、ランニングシューズ業界に革命をもたらす存在となりました。その後、度重なるケガに悩まされた自身の経験から「もっと自然に走れるランニングシューズ」を生み出すブランドとして、2013年にTopo Athleticを創設。35年以上のシューズ開発・製造の経験を生かしたTopoはランナーからの注目を集め、現在アメリカでは大手アウトドアストアのREI、また500以上のプレミアム専門店にて販売されています。ヨーロッパやアジア・オセアニアなどでも支持を集めており、世界規模のブランドを目指しています。

Feetures

創設者であるHugh Gaitherが、30年にわたるスポーツソックス業界でのキャリアを経たのち、ランニングソックスのリーディングブランドを目指し設立されたアメリカンブランド。ランソックスの知識を軸に、足を動かす際の靴下の動きや作用の概念を追求し続け、米国内でトップシェアを誇るソックスブランドに成長。​足裏のアーチをサポートする「Targeted Compression」にて特許を取得。その後5年間で30%の収益増を上げており、テクニカルソックスのワールドリーダーとして業界を牽引しています。様々なアクションやライフスタイルに適応可能であり、テクノロジーが詰まった完璧なサポート力のある製品を生み出すトップブランドとして、Feeturesは快適な履き心地を提供し続けます。

出典:PR TIMES
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000148.000055351.html
  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
Sudo

Sudo

Producer

須藤大輔 /「&FLOW」プロデューサーでありアジテーター。広告代理店や制作会社でAEとしてキャリアを積んで約四半世紀。主にファッションやスポーツ関連のクライアントを担当。アウトドアシーンにも造詣が深い。週末はラグビー三昧。ラン、ヨガ、トレーニングも。好きな言葉は「失ったものを数えるな、残されたものを最大限活かせ」。チャームポイントは涙腺が弱いところ。

  1. 「W杯後は変化が起こる」日本代表エディー・ジョーンズHCが語るシックス・ネーションズ展望

  2. GREGORY │ ニューテクノロジー搭載のスキー&スノーボードパック新モデル「VERTE」登場!

  3. 世界的インソールブランド「SIDAS」のリカバリールームシューズ「UTIPPA」に秋冬モデルのファータイプが登場

PICK UP

RECOMMEND

RELATED

PAGE TOP