Borderless eyes of sports

&FLOW news

大画面有機ELディスプレイ内蔵!美しく快適なスマート電動ロードバイク「NOCTURNE」誕生

最新テクノロジーをスタイリッシュで高品質なプロダクトとして企画・販売する株式会社エッジニティは、ライドに必要なセンサーをすべて標準装備した大型インフォメーションディスプレイ内蔵の電動アシスト付きロードバイク『NOCTURNE(ノクターン)』をクラウドファンディングサービス「GREEN FUNDING(グリーンファンディング)」にて特別価格で先行販売を開始しました。

開発の背景

電動アシスト自転車は、環境にやさしく便利な移動手段としてとても注目されています。しかし、太いフレームデザインに重たい車体、走行距離が少ないなど不満の声をよく聞きます。そこでエッジニティでは、既存の問題点にテクノロジーを駆使し取り組みました。軽量化によりアシストがない状態でも軽いペダリング。バッテリー、ケーブル、ワイヤーをフレーム内に格納し、大型インフォメーションディスプレイをハンドル部に内蔵したスタイリッシュな近未来型デザインを実現しました。

主な特長

  • 大型インフォメーションディスプレイ内蔵。
  • 飛行機基準の10次元マルチセンサー標準搭載。
  • 上り坂も楽に駆け上がることが出来る最大トルク40Nmの高出力モーター採用。
  • 安全な夜間走行を実現する直線的なデザインの一体型LEDライト内蔵。
  • バッテリーやケーブル、センサーのフレーム内蔵により、スタイリッシュなデザインを実現。
  • STRAVAアプリと連携すれば、毎日のトレーニングを追跡し分析するだけでなく、世界中のコミュニティと繋がり共有することが可能。
  • アシスト比率は日本の法令基準適合により、免許やナンバー必要なしで気軽に走行可能。


募集サイト(GREEN FUNDING)
https://greenfunding.jp/edgenity/projects/6354

募集期間
2022年12月21日(水)~2023年1月31日(火)

価格(税込)
208,000円~(一般販売予定価格320,000円の35%OFF、50台限定)

会社概要
会社名:株式会社エッジニティ
代表者:代表取締役社長 山路哲
資本金:1,250千円
設 立:2019年5月
事業内容:各種商品の企画、開発、製造及び販売

出典:PR TIMES
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000026.000046165.html
  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
Sudo

Sudo

Producer

須藤大輔 /「&FLOW」プロデューサーでありアジテーター。広告代理店や制作会社でAEとしてキャリアを積んで約四半世紀。主にファッションやスポーツ関連のクライアントを担当。アウトドアシーンにも造詣が深い。週末はラグビー三昧。ラン、ヨガ、トレーニングも。好きな言葉は「失ったものを数えるな、残されたものを最大限活かせ」。チャームポイントは涙腺が弱いところ。

  1. 「W杯後は変化が起こる」日本代表エディー・ジョーンズHCが語るシックス・ネーションズ展望

  2. GREGORY │ ニューテクノロジー搭載のスキー&スノーボードパック新モデル「VERTE」登場!

  3. 世界的インソールブランド「SIDAS」のリカバリールームシューズ「UTIPPA」に秋冬モデルのファータイプが登場

PICK UP

RECOMMEND

RELATED

PAGE TOP