Borderless eyes of sports

Story

AI機能とIoT技術を搭載した新しいスマートe-Bike「SMALO by BESV」。自転車をより簡単・安全・快適なものに進化させた台湾発の専門メーカーの想いとは。

株式会社BESV JAPAN

BESV (ベスビー)は、2014年に台湾で誕生したe-Bikeブランドです。その後、ドイツ・オランダを中心としたヨーロッパで発売をスタート。日本でも、2017年に、株式会社BESV JAPANとして日本法人を設立。以降、全国1,100店舗を超える販売店を通して、商品の販売とアフターサポートの提供を行うe-Bike専門メーカーです。

10年前の電動アシスト自転車といえば、いわゆるママチャリタイプの自転車に大きなモーターと、サドルの下に箱型のバッテリーが取り付けられた、ママや高齢者の方に向けた乗り物というイメージが強くありました。
私たちは、これらの後付け感の強いデザインは、電動アシスト自転車自体が、<自転車>+<バッテリー>という発想が起点となっていると考えており、e-Bike(*海外では電動アシスト自転車を「electric bicycle」として「e-Bike」と呼びます)として、完成されたデザインとはどうあるべきか、という観点でゼロベースから自転車をデザインしなおしました。
そして、2014年に「LX1」と「PS1」という2つのモデルを完成させました。そのデザインは、e-Bikeとして必要な機能・装備をデザインと一体化させ、e-Bikeとして完成されたカタチとして、ドイツや日本国内において、デザイン賞を獲得するなど、高い評価を得ることができました。

BESVの製造元である、台湾DARAD社は、台湾IT企業であるBENQグループの一角をなすDarfonエレクトロニクス社の子会社です。グループ企業の一つとしてPC関連機器の製造や、OEM、バッテリーの製造や樹脂成型を得意としており、自社のリソースを用いた新たなオリジナルの製品創りに活かすべく、クリーン&エコ、そして台湾の中核産業である自転車製造業に着目し、e-Bikeの製造事業に着手し事業展開をしてきました。
バッテリー製造や樹脂成型、アシスト制御の要であるコントローラーなどすべてを自社開発できることで、既成の概念にとらわれず、自由な発想でデザイン性の高いe-Bikeを開発ができることが、BESVの強みです。
さらに近年、台湾国内の優良フレームメーカーやアッセンブルメーカーなどをその傘下に置き、e-Bikeの生産を自社内で一気通貫させることで品質の改善や、新製品開発のスピードアップ、らにEU試乗向けのOEM事業も強化を図り、成長を続けています。

そして、2020年には、オランダのe-Bikeブランド「Votani (ヴォターニ)」を承継し、そこにBESVのテクノロジーやデザインDNAを注入した、新たなアジア向けブランド「Votani by BESV」を開発。BESVの誇るアシスト制御技術を用いつつ、エントリーブランドとして、より実用利用に有効なフェンダーやライト、スタンドなどを標準装備し、価格を抑えたエントリーモデルとしてリリース。シンプルな操作で高い走行性能を持つことで、より幅広いユーザー層に対して、e-Bikeの魅力を伝える為のブランドとして、「Votani by BESV」は誕生しました。

通信機能を搭載し、ユーザーの新しい体験を提供する新しい製品カテゴリ「スマートバイク」とは

そんなBESVの中で、次なる一手として、2019年から企画化された製品カテゴリが「スマートバイク」です。日本ではまだまだ馴染みがありませんが、自転車にバッテリーが搭載されているからこそ実現可能なバイクのカテゴリとして、近年ヨーロッパでもいくつかの独立系ブランドからリリースされています。
BESVが考えるスマートバイクは、アシスト自転車としての機能・性能はもちろん、通信機能を搭載することで、新たな顧客価値を提供できるものとして要件定義をしました。簡単で快適、便利であり、そして安全・安心、同時に高いデザインを実現する為に、e-Bikeとして、新たな可能性にチャレンジしました。
ユーザーが自転車を購入する上で、重要な判断要素になるのが、価格・性能・デザインに加えて、購入後のサポ―ト、修理・メンテナンス、そして何よりも盗難などへの不安です。BESVのスマートバイクは、長年のe-Bike専門ブランドとしてデザインやアシスト性能には高い自信があります。そして、スマートバイク本来の機能として、自転車本体にBluetooth、4G通信機能、GPS機能を持たせることで、ユーザーのスマートフォンを通して、各種セッティングはもちろん、セルフエラー診断機能や、位置情報確認機能などを装備することが可能になりました。これらの機能一つ一つにおいて、プログラムの構築から実地テストを繰り返し、AI搭載スマートe-Bike「SMALO (スマーロ)」として、2023年に世界同時発売をいたしました。(アシスト出力は、各国ごとの法令・規格に適合させています。)

「最適な変速&最適なパワー」へのサポートや、遠隔での調整・設定、盗難防止機能も

販売店へのヒアリング調査において、電動アシスト自転車を利用する多くのユーザーは、その変速機能を日常的に使用しないこと、また、アシストの「強/弱」の設定も常に「強」でのみ使用するユーザーが多いことが分かっています。レジャーやスポーツ嗜好の強いロードバイクなどのユーザーは、自転車の機構を熟知し、自身で変速操作を行いますが、電動アシスト自転車ユーザーや、そこまで自転車の構造に詳しくないライトユーザーにとっては、「最適な変速」は難しいものです。
そこで、SMALOは、AIによって、ユーザーのペダルトルク、ペダル回転数、スピードから常に最適なアシスト出力を制御、さらに、その制御に斜度センサーを組み合わせ、路面状況に応じて常に最適なギアに自動で変速するオートマチック7段変速機能を搭載しました。SMALOは、この「AIドライビングシステム」によって、究極にシンプルな走行を可能とし、ユーザーはペダルを漕ぐだけで常に簡単で快適な走行が可能になります。

さらに、利便性を高めるべく、IoT機能を搭載することで、ユーザーは自宅にいながら、スマートフォンを通してクラウドに保存された自転車のステイタスを確認することができます。これによって、バッテリーの残量の事前確認やエラー診断も可能となり、サイクリングルートの設定時にも、バッテリー残量からアシスト走行での到達の可否をあらかじめ確認し、必要に応じての充電や、点検整備の実施につなげることができます。
また、自転車の近くから、Bluetooth接続をすることで、スマートフォンを通してカギの解錠を行ったり、変速ギアのワイヤー調整や、アシストの強弱の設定、自転車本体のファームウェアのバージョンアップなどが可能になります。
また、GPS機能/盗難防止機能をOnにすることで、駐輪時のバイクへの不正や異常を感知し、スマートフォンへ通知を送信したり、自転車本体から警報音を作動させるなど、盗難を未然に防止することができます。さらに、万が一の盗難の際は、地図によるバイクの位置表示によって、バイクの現在地を確認することも可能にしてます。常に最新のファームウェアで作動させることができ、安全で安心なサイクルライフを楽しめるようにしています。

これらのように、SMALOは「大容量バッテリー」や「パワフルなモーター」といったe-Bikeに求められる価値基準とは異なる進化を通して、e-Bikeの新たな可能性を世の中に提案したいと考えています。
コロナ禍以降、世界中で自転車の意義が見直されています。脱温暖化の観点での、移動を自転車にすることでの二酸化炭素の削減。日常的な運動を行うことでの、健康面へのメリット。そして何より、車や電車の移動では出会えない新たな日常の発見。
BESVは、e-Bikeによって自転車の「疲れる」をなくし「楽しい」だけを残します。そして、AIによって、自転車操作の「面倒」をなくし「簡単」にし、IoTによって、「不安」を「安心・安全」に変えるべく、SMALOはさらなる進化を目指します。

製品情報

BESV JAPAN 公式ページ:https://besv.jp/products-smalo/
グローバルサイト:https://www.smalo-ebikes.com/ja/

LX2 / エルエックスツー
  • 価格:448,000円
  • カラー:Midnight Black / Arctic White
  • 重量:23.1kg

ホリゾンタルフレームの28インチモデル。
504whの⼤容量バッテリーを完全にフレーム内に格納し、オートマチック7段変速を採⽤。AIによって完全にコントロールされる最適なアシスト制御と、最適なシフトチェンジのストレスのない、なめらかでスムーズな未体験のアシスト⾛⾏が可能です。

PX2 / ピーエックスツー
  • 価格:398,000円
  • カラー:Midnight Black / Arctic White
  • 重量:21.4kg

取り外し可能な新型バッテリーを採⽤した、20インチタイヤのコンパクトモデル。
前後サスペンションで路⾯の⾛⾏振動を解消し、都⼼部でのアーバンライドに最適な、利便性の⾼いモデルです。AI機能によるアシスト制御は、スマートモードとしてシンプルな操作で常に最適なアシスト⾛⾏を可能にしています。マニュアルシフトに油圧ディスクブレーキで⾃転⾞本来の楽しみとテクノロジーを融合。

出典:PR TIMES STORY
https://prtimes.jp/story/detail/db8zjpFYMAx
  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
Daiki

Daiki

Chief Editor

高橋 乃希 / Webディレクターとして、数多くのサイトやWebメディアの制作・運用を経験。スポーツシーン・キャンプ・アウトドアへの関りも深く、「&FLOW」の編集長に抜擢。★ 野球、格闘技、ゴルフ、ランニング、自転車

  1. 「カリーブランド」アメリカ国外選手で史上初​!富永啓生選手とのパートナーシップ契約を締結

  2. フットウェアブランド「SHAKA」から、トング×厚底でハイエンドなフレーバーを帯びた『KHAZANA THONG EX』が登場

  3. G-Star RAW、日本別注カラー「MOTAC DDC」の発売を記念し、世界三階級制覇王座・WBC世界バンタム級チャンピオンの中谷潤人氏をキャンペーンモデルに起用

PICK UP

RECOMMEND

RELATED

PAGE TOP